朝食べるとシミの原因に!?光毒性物質「ソラレン」とは

シミの原因になる「光毒性」物質ってなに?

紫外線に当たると、 皮膚にダメージを与える 「光毒性」という言葉を聞いたことがありますか?
アロマオイルを使用する際にも気をつけなければいけないので、アロマに詳しい方には耳馴染みがある言葉かもしれません。

実はこの光毒性物質、食べ物にも含まれているのです。「ソラレン」という物質がそれにあたり、オイルのように塗布することで作用するだけでなく、食べることで体内に吸収されて細胞内部から皮膚にダメージを与えてしまいます。


ソラレンはおもに「柑橘系の果物や一部の野菜」に含まれています。ソラレンを摂取すると体内に吸収され、およそ2時間後に血中濃度が最も高くなります。

全身の皮膚細胞にも行き渡るため、ソラレンを含んだ状態で太陽の光を浴びると皮膚細胞にダメージを与えてシミやシワを招き、皮膚表面のバリア機能を低下させて日焼けしやすくしてしまうのです!

ソラレンを含む野菜&果物

ソラレンの影響は食後約2時間でピークを迎え、その後6時間~8時間はその効果が持続するといわれています。
紫外線が最も強いのは10時から14時の時間帯なので、朝にソラニンを多く摂取すると夕方近くまで日焼けしやすい状態が続くことになります。

ソラレンを多く含む食べ物には、「きゅうり・セロリ・レモン・オレンジ・キウイ・グレープフルーツ」など、朝食にお馴染みのものが多くあります。

特に、朝の「キウイ」や「グレープフルーツ」は健康面から考えると積極的に食べたい食材なのですが、日焼けを気にする方は朝は注意したい果物です。

逆にソラレンが少ない食べ物はこちら!

【ソラレンが少ない果物】
バナナ、桃、スイカ、メロン、りんご、いちごなど

【ソラレンが少ない野菜】
キャベツ、トマト、大根、ごぼう、レタスな

ソラレンと上手く付き合うポイント

日焼けを気にしすぎて、ソラレンを多く含む食べ物を控えるのは健康的にも良くありません。

[1]シミやそばかすの予防効果のある食べ物と一緒に摂る
( リンゴやバナナ、だいこんやゴボウ、トマトなど )
[2]夜に食べる
[3]日焼け止めを塗る
これらのポイントに気をつければ、何の問題もありませんよ♪

最近は、日焼け止めを使ったり、日傘や帽子を使ったりして、外側からの紫外線対策はほとんどの方がされていると思いますが、見落としがちな食材にも少し気を付けて、上手にケアしてくださいね!